前へ
次へ

カップ麺はお湯がないと食べられないのか

災害は起きてみないと分からないことが多いかもしれません。
日本各地で地震や水害などが起き被害を受けたり避難をしている人がいるでしょう。
報道などを見ると人ごとのように感じますが、いざ自分自身も災害に遭うと非常に大変であることがわかります。
何を食べるのか、どこで寝るのか等基本的な生活に支障が出ます。
万が一に備えてと保存食としてカップ麺などを買いだめしている人はいるでしょう。
お湯を注ぐと食事が作れるので料理ができないときにはありがたいと言えそうです。
しかし電気もガスも通っていなければ常温の水しかないときもあります。
せっかくのカップ麺が宝の持ち腐れ状態になりそうです。
基本的にはカップ麺はお湯を注いで数分待てば食べられる状態になると書かれています。
でもそれ以外の食べ方があり、常温の水に30分から1時間ほど待つとそれなりに麺が柔らかくなり食べられるようになります。
人によってはお湯よりも常温を使う方がいいとのことではまる人もいるようです。

Page Top